ワールドカップブラジル大会出場決定

サッカー日本代表が、2014年ブラジルで開催されるワールドカップ本大会への出場を決めました。引き分け以上で出場が決定となるオーストラリア戦。対戦相手に1点を先制されて苦しい展開が続きましたが、試合終了間際に本田圭佑選手のPKが決まり、見事出場を決定しました。PKの原因となったのは、ペナルティーエリアでのオーストラリア選手のハンド。反射的に手が出てしまったという感じなのでしょうが、あの選手がなにか気の毒に思えてなりません。試合終了間際の引き分けというとドーハの悲劇を思い出します。オーストラリアは現在2位で、ホームでの試合を2試合残しているのでそこまで絶望的な状況とは言えませんが、文字通り自分自身の手で引き分けを引き寄せてしまったあの選手は自責の念に押しつぶされないかどうか心配です。まぁ、こんな心配ができるのも日本が出場を決定したという安堵があるからで、もしこれが最終戦であったなら、そんなことは頭にも浮かばなかったかもしれません。